葬儀

買取してもらうことも可能

ダンボール

遺品整理業者に依頼をすることで故人の所有物を処分してもらうことが出来るのですが、物品によっては買取してもらうことが可能です。買取の場合、料金を受け取ることが出来る他にも処分費用にまわすことも出来るので費用面を気にする心配はありません。

Read More...

すぐに片付けてもらう

花

遺品整理が人気の理由

葬儀にも色々なプランがあり、最近多いものが家族葬になります。家族葬は15名など近い身内や生前仲の良かった友人などで葬儀を行なうもので、一人ずつゆっくりと故人を見送ることが可能です。そのため、家族葬のプランを選ぶ人が多くなっているといえるでしょう。また、葬儀が終わった後は遺品整理があり、遺品整理を請け負う業者は非常に多く、その数は数千にも上ります。遺品整理を専業として行う業者もあれば、不用品回収業者やリサイクルショップを運営する企業が遺品整理のサービスを取り扱っているという兼業業者も少なくはありません。こうした複数の業者が存在するため、利用の前には必ず料金の比較が必要です。ホームページや広告で費用の安さをうたうところは多いですが、実際には見積書を取得しないと料金は比較できません。少なくとも数社は見積書を取得し、費用の比較を行います。遺品整理の費用は、遺品の量や住居の広さなどによって変わるため、できれば現地にて立ち合いの元見積書を作成してもらうほうが確実です。また、中には作業後に追加費用を請求されトラブルになった事例も多いため、追加費用の発生する事由については予め確認しておくことが重要です。

遺品整理サービスが注目を集め始めた当初は、身寄りのない方のためのサービスといった認識が強くありましたが、最近では親族が比較的近くにいるという場合でもサービスを利用する方が増えています。その理由は、遺品整理サービスを利用することで、短期間で作業を終えることができるからです。遺品整理と一口に言っても、ひとり暮らしの方の場合、住居を明け渡す必要のある大掛かりなものです。故人への気持ちが強いほど、思い出の品の整理には時間がかかりますし、処分するの心苦しいものです。何より、住居全体の整理を行うことは肉体的にも負担がかかります。一方で、業者に依頼すると、思い出の品と処分品を区別し、処分してもらうことができます。また、決められた日時に作業を行ってもらえるため、効率よくすませることができるのも大きなメリットです。

安心して任せられる

ダンボール

高齢化社会となっている現代、一人暮らしの高齢者は多いもので近くに身内がいないことも多々あるでしょう。その場合、遠方から来て遺品整理をすることは難しいのですが専門業者に依頼をすることで片付けしてもらうことが可能です。

Read More...

依頼業者の選び方

和室

高齢化社会に伴い、遺品整理業者を利用する人は増えてきたため業者も昔に比べて増えてきています。そのため、どこの業者に依頼をするか悩む方が多く、お得に利用するためには複数の業者見積もりの比較が良いといえます。

Read More...